ジェネリック医薬品の普及の妨げ

医薬品の特許が切れてから製作されるジェネリック医薬品をご存じの方は多いでしょう。
しかし、ジェネリック医薬品は普及はされていないのが現状です。

ジェネリック医薬品について、副作用の問題や、品質面での問題、効果面での問題等があると医師の半数以上が解答しているのです。解答を聞くと、ジェネリック医薬品に対して、医師の信頼が充分ではなく普及を妨げているという問題があると厚生労働省が発表したのです。

ジェネリック医薬品の普及率は低く、2015年現在は46%なのですが、2017年末で60%以上の普及率にするために厚生労働省は情報提供をしているのです。医療費を抑えたいのが目的ですが、医師の信頼が無いことには難しい話ですね。少しずつだけど、医師に信頼されるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です