ジェネリック医薬品って?

ジェネリック医薬品とは新薬と同じ成分で作られており、医薬品に関する法律に基づいた基準・規制をクリアしたお薬です。
それぞれ成分は同じですが、安全性が認められる範囲でお薬の形状や色、味、添加物に違いがあります。
また特許の切れた新薬をベースにしているため、本来必要なコストが抑えられ新薬よりも安く入手できるのがポイントでしょう。

日本がジェネリック医薬品を承認する基準は他国と比べても非常に厳しいといわれていますから、安全性や品質も安心できるものです。
病院で処方して欲しいときは医師にその旨を伝え、薬局で処方してもらいたいときは薬剤師に相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です