薬の形が様々な理由

薬の形に沢山の種類がありますが、苦手な薬の形がある人は多いと思います。
私も錠剤やカプセル剤がとても苦手です。薬の形に理由があるのはご存じでしたか。薬のかたちが様々ある理由を紹介しようと思います。

錠剤は、飲みやすい大きさに押し固められています。苦い薬の味がしないように砂糖で包まれたものもあるそうです。薬の溶け方は様々で腸で溶けるものもあるらしいです。
カプセル剤は、水に溶けるカプセルの中に薬が入っていて、カプセルが溶けると薬が出てきます。カプセルの材質や厚さによって溶けるタイミングをコントロールしているそうです。
粉薬は、少し飲みにくいですが、水に素早く溶けるので、身体に早く吸収しますよ。量を調節したり、他の薬と混ぜたりできるそうです。
顆粒剤は、小さな粒でできているので、粉薬より飲みやすく、錠剤よりも早く溶けますよ。
シロップ剤は、喉に引っかからず飲めるので、子どもからお年寄りまで飲めます。

沢山の薬の種類がありますが、このような用途があったのですね。薬を服用する際は、考えて服用しようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です