薬の飲み合わせ

薬と薬だけでなく、薬と食べ物、健康食品やサプリメントでも飲み合わせが悪い場合があリますよ。薬を購入する場合は薬剤師に飲んでいる薬を伝えて飲み合わせが悪くないか確認したり、薬の箱や説明書は必ず読みましょうね。

薬と薬で、飲み合わせが悪い例として、風邪薬と頭痛薬を一緒に服用すると効き目が強くなりすぎて副作用が出る確率が高くなるそうです。
薬とアルコールでも危険だそうで、風邪薬とアルコールを一緒に服用すると、副作用が強く出てしまったり、最悪の場合、意識障害を起こしたりしてしまうことがあるそうですよ。
オレンジジュースもコーティングが取れて苦く感じることがあります。また、胃薬では、重曹とクエン酸で発生する二酸化炭素で胃薬が弱くなるそうなのです。
薬とサプリメントでも薬の作用が強すぎたり副作用が出る場合があるそうですよ。

飲み合わせを確かめたりするお薬手帳を使ったりして、薬の服用内容を確認したりして、飲み合わせを考えましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です