目薬の正しい使い方

春ではないのに、花粉症で目が痒い人とかドライアイ等、目に問題のある人はいますよね。目薬は他の薬と同様、正しく使用しないと正常な効果を得ることが出来ないだけでなく、目の症状を悪化させてしまう危険があります。

目薬を正しくさすには、最初に、石鹸を使って手を洗い、清潔な状態にし、顔を上に向け、下瞼を軽く引いたら、目薬の先が目やまつ毛に触れないように一滴点眼してください。ここからが最も大切で、目薬を点眼できたら、目を瞑って目頭を2~3分抑えて薬を目に浸透させましょう。目頭を抑えることで目から鼻に薬が流れてしまうことを防ぎ、副作用を予防にも繋がります。

点眼後に瞬きを繰り返したりゴロゴロ動かしたりして浸透させようとする方が多いですが、これは逆に目薬を外に出してしまい効果がない場合がありますのでやめましょう。

また、2種類以上の点眼薬がある場合には、医師の指示が特にない場合は5~10分程度間隔をあけて点眼してください。目薬を差す順番は薬剤師や医師に確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です