一般医薬品の種類

お薬には大きく分けて医療用医薬品と一般用医薬品の2つがあり、それぞれ別の特徴があります。

医療用医薬品は効き目が強い、そして入手する為には医師の処方箋が必要ですが安心して処方できることが特徴です。
対して、一般医薬品は効き目は控えめなもののドラッグストアなどで市販されていて簡単に入手できる事が特徴です。

一般用医薬品に関しては薬の強さによって、要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品の4段階に分類されます。
第二類、第三類医薬品に関しては登録販売者でも販売可能ですが、第一類医薬品と要指導医薬品は薬剤師のみが取り扱い方を指導した上で販売する事が可能なのです。

しかし、一般医薬品は効き目が弱いですので、一般医薬品を飲んでも症状が治まらない、長期間繰り返し症状が続くような場合は、医師に相談したほうが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です