指定難病のスティーブンス・ジョンソン症候群

指定難病としても扱われるスティーブンス・ジョンソン症候群は、お子様から高齢者、男女問わず発症する可能性があり、最悪の場合失明や死亡してしまう可能性もある副作用であり病気であるのです。

スティーブンス・ジョンソン症候群は、投与した薬に対して身体の免疫機能が過剰反応を起こし、激しいアレルギーの症状が表れると言われており、一般に市販されている風邪薬が原因でも発症してしまう可能性があり、年間で300人ほどの発症が確認されているので決して他人事ではないのです。

症状は様々ですが、多くの場合、体中に発疹が表れて皮膚が壊死してしまったり、口や目、内蔵等の粘膜がただれてしまうそうで、多くの症状があるため医師の診断も難しく、違う病気と誤診されてしまう場合も珍しくないのです。

そして、市販されている薬だけでなく、医師から処方された薬でも発症する可能性はありますので、薬を飲んだあと症状が良くならず、体中に発疹が表れる等の異常が起こった場合にはすぐに医師の診断を仰いだほうがいいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です