薬の形がいくつかある理由とは

飲み薬には様々な形状がありますが、なぜたくさん種類があるのか知っていますか?

錠剤は、飲みやすい大きさに押し固められていて、苦い薬が苦手な方でも飲めるよう砂糖で包められた物、胃で溶ける物や腸で溶ける物、効き目が長持ちする物など種類がありますよ。

カプセル剤は、水で溶けるカプセルの中に薬が入っているため、カプセルの厚さや材質によって体の中で溶けるまでの時間が異なり、カプセルが溶けることにより薬が出てくるのです。

粉剤は他の薬と比べて飲みにくいですが、水に溶けやすいため体内に早く吸収させることができますし、他の薬と混ぜたり量を調節することができるのです。

顆粒剤は粉薬よりも飲みやすく、錠剤などよりも早く溶けるという特徴がありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です