大衆薬と医薬品の違い

ドラッグストアなどで誰でも購入できる大衆薬、つまり一般用医薬品と医師の処方箋がないと買えない医療用医薬品は何が違うのでしょうか。

まず大衆薬は医師による処方箋がなくても、いつでも購入・服用できる比較的安全な薬ですが、安全性が高い分、医薬品よりも作用は弱まってしまいます。
もちろんその人の体質によって大衆薬でも完全に安全というわけではありませんので、薬局にいる薬剤師と相談することをおすすめします。
また大衆薬で症状が改善されない場合、逆に悪化した場合はすぐさま医師に診てもらうようにしましょう。

医療用医薬品とは医師の処方箋によって出される薬のことを指します。
医師の判断に基づいて薬の種類や量、服用方法が決められていますから、一般医薬品に比べて効き目・副作用どちらも強いのが特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です