下剤の種類を知ってから購入しよう

便秘が辛いという時には下剤を服用しますが、下剤の効き方にも種類がありますのでそれを理解した上で服用するようにしましょう。

溜まっている便に対して作用する薬や、腸の粘膜を刺激する作用を持つ薬がありますが、腸に優しいのは腸に働く薬の方であり、便自体に水分を増やして柔らかくするというマグミットやマグラックスという薬は長期間服用することができるのです。

下剤自体に水分を含んでボリュームが増して膨らむという働きを持つバルコーゼは、便と結合して蠕動運動を促すのです。

センナリドやアローゼンやラキソベロンなどの腸を刺激する薬は、頑固な便秘で悩まされている人にオススメですが、腹痛を感じることがあるようですから、自分に合う薬を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です