漢方薬と西洋薬の違い

お薬の中には漢方薬と西洋薬と呼ばれるものがありますが、私たちが一般的に処方されるのは西洋薬の方が多いです。
では一体漢方薬と西洋薬の違いというのはどのようなものがあるのでしょうか。
わざわざ漢方医学、西洋医学と分けられている通り、それぞれ得意とする事が違うのが第一です。

まず西洋医学が得意としているのは急な怪我や外科的な手術、臓器移植、細菌などによる感染治療となります。
一方で東洋医学でもある漢方医学は、西洋医学で原因が特定できなかった諸症状や病名が決まらない場合の疾患に非常に強いです。

つまり薬の面で考えると、西洋医学では病名を決めて薬を処方するのに対し、漢方医学は症状と体質で薬を選ぶというのが違いの一つとなります。
そして西洋薬は症状をピンポイントに抑えるのが特徴ですが、漢方薬は症状を抑えるために身体の抵抗力を高めていくことを目的としている場合が多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です