薬の目的を知っておこう

薬は病気の症状を和らげるという目的だけでなく、他にも様々な目的があるのでご紹介いたします。

原因療法では、病気や感染症の原因である細菌そのものを薬で改善するという目的のために抗生物質が使われています。

薬で全ての病気の症状を治すことはできませんが、対処療法では、薬を使って症状を抑えるという目的で、咳止めの薬や解熱鎮痛剤が使用されます。

病気になると栄養が足らなくなることがありますので、補充療法では不足分を補うという目的でインスリン注射やホルモン療法などで必要な成分を補充するのです。

予防療法では、病気を予防するために薬が使われることもあり、予防接種が代表的な薬と言えます。

自分が飲んでいる薬はどんな目的で使用しているのか知っておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です