市販薬や下剤は便秘の原因?

痙攣性の便秘の症状に悩まされていて、市販の薬や下剤を使おうと思っている方もいるかもしれませんが、逆効果になることも考えられますよ。

痙攣性便秘の最大の原因はストレスであり、消化に関係している自律神経のバランスが乱れることにより、交感神経が強くなると腸の煽動運動の活気がなくなって便秘になり、副交感神経が強くなると煽動運動が活発になって下痢になるのです。

便秘や腸に関する症状はストレスが関係しているため、ストレス社会の現代日本では注意が必要な病気の一つであり、下剤を乱用したり刺激物を食べると腸の運動が過剰になることもあるそうです。

便秘を治すために便秘薬を使用すると、腸の運動が刺激されて悪影響を及ぼす恐れがありますので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です