お薬手帳でちょっとお得に

2016年4月に改訂された診療報酬では、薬局で薬を購入する時にお薬手帳を持参することでちょっとお得になるようになりました。
お薬手帳を持参しない場合にはおよそ40円程度が自己負担となるそうです。

お薬手帳とはいつ、どこで、どのような薬を処方してもらったかがすぐに分かるように記録しておくための手帳です。
処方箋を持って薬局に行くと「お薬手帳はありますか?」と聞かれるのは、薬剤師が私たちが以前飲んだ薬を確認したり、今回出す薬を記録するためなのです。
このお薬手帳があることで医師や薬剤師がその患者により適切な量、種類の薬を出すことが出来るため、自分のためにも繋がります。

しかし実際はお薬手帳を持参する方が少なく、それを重く見た国がお薬手帳を持参した人に対して経済的なメリットも生まれるようにしたのです。
40円でも持病などで何度も薬を買う機会が多い方に取っては大きな違いですので、ぜひ自己管理の意味も含めてお薬手帳を持つようにしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です