偽造医薬品の実態とは?

世界には悪質な偽造医薬品が、人々の命を脅かしているということをご存知ですか?

模倣品ビジネスは麻薬ビジネスと同じように蔓延しており、薬だけでなくお酒の模倣品まで存在しているそうです。

世界で出回っている薬のうち15%は偽造医薬品であると言われていて、特にアジアやアフリカで偽造医薬品が出回っている割合が高いとのことです。

有効な手立ても見つからないまま世界の人々が犠牲になっており、医薬品関係者による会議では、対策としてQRコードなどの認識コードを活用した新しいパッケージを開発するなどの試行錯誤が行われています。

消費者も、知らないメーカーや外国のメーカーの薬が、偽造された物もあるかもしれないという認識を高めることが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です