薬には危険な飲み合わせがある?

病気になった時に薬を服用しているという方もいるかもしれませんが、薬には体に悪影響を及ぼす飲み合わせも存在していますので注意が必要ですよ。

複数の薬を一緒に飲んだり、薬と一緒に飲み物や食べ物を食す時に、相互作用をきたして薬の効果が強く出すぎたり、弱く出ることがあるのです。

特に危険な組み合わせでは、オピオイドという痛み止めとベンゾジアゼピンという精神安定剤は、どちらも抑制剤なので一緒に服用すると呼吸数や心拍数が低下することが考えられます。

他にも、スタチン系のコレステロールを下げる薬とフルコナゾールという抗真菌薬を一緒に服用すると、腎臓や筋肉にダメージを与えてしまうことが考えられるそうですから、服用前に併用禁止薬をきちんと確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です