薬が効かなくなる理由

同じ薬を短期間で何度も利用していると、段々と効きにくくなったり効かなくなってくることがあります。
これにはきちんとした理由があるのです。

一つ目の理由としては、薬に対する耐性がついたことが挙げられます。体がその薬に慣れたことで効果が薄くなっていっている状態です。
これが起こりやすいのが睡眠薬や鎮痛剤となります。
睡眠薬は大脳皮質に働きかける事で眠りにつく薬ですが、飲み続けると飲んだ状態が普通になってしまうことで眠れなくなります。
鎮痛剤も同様に体が痛みを和らげる効果に慣れてしまうと、今までと同じ量や強さでは効かなくなってしまいます。

そしてもう一つの理由が、不調の原因になっている細菌が薬に対して抵抗力を持ってしまう事で効きにくくなってしまいます。
例えば抗生物質を何度も飲んでいると、細菌が抗生物質よりも強くなってしまうことがあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です