湿布薬の使い方

貼って痛みと炎症を抑える薬が湿布薬と呼ばれるもので、冷感タイプと温感タイプの2種類があります。

冷感・温感共に治療効果は大きな差は無いのですが、冷感タイプは打ち身や捻挫などの急性炎症期、温感タイプは肩こりや腰痛などの慢性炎症期に使用されることが多いです。

使用する時には傷口や湿疹がある箇所には貼らず、汗などの水分を拭き取ってから使用するようにしましょう。
使い方は基本的にどれも同じで、フィルムを半分剥がして患部に合わせて引っ張りながら貼ります。

続けて何回か貼り直す時には、同じ場所に貼ってしまうとかぶれてしまうこともありますから、貼る場所をずらしていくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です