肩こりに効果的なお薬

肩こりの症状を緩和したい時に使うお薬には、例に漏れず様々な種類の物が存在しています。

まず患部に貼るタイプのお薬ですが、こちらはテープに鎮痛消炎成分が含まれていることで皮膚から薬を吸収し、痛みを緩和してくれるお薬です。
こうしたタイプは湿布を筆頭に匂いが気になるものが多いですが、最近では無香タイプや24時間効果が持続する長時間タイプがありますので、細かく使い分けられるようになっています。

更に貼るタイプのお薬が使いにくい場所には塗るタイプのお薬がおすすめです。
貼りにくい場所の痛みを抑えたい時はもちろん、貼るタイプではかぶれてしまいがちという方に活躍してくれます。
貼るタイプと同じく鎮痛消炎成分により痛みを緩和してくれるお薬です。

最後に飲むタイプのお薬は更にサプリメントタイプと筋弛緩剤タイプに分けられます。
サプリメントは血液循環や筋肉疲労の回復に効果がある栄養素を含んでおり、厳密には薬ではないため痛みを取ったりする効果はないものの、本来持つ疲労回復効果により筋肉のコリを改善させる力を取り戻せます。
筋弛緩剤タイプは直接筋肉に働く即効性の高いお薬ですが、取扱いに注意が必要な第二類医薬品に分類されるため、薬剤師に相談する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です