ジェネリック医薬品の効き目

近年良く聞くようになったジェネリック医薬品は、新薬とどう違うのでしょうか?
ジェネリック医薬品は安いからその分効き目も新薬より悪いんじゃ・・・なんて心配もありますが、ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を、同じ量使っているので効き目に差はありません。

またジェネリック医薬品として製造・販売するには、国から新薬と同じ効果があることや安全性を認められる必要があるので、安全性についても心配する必要は無いでしょう。

ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れた後に別会社で製造・販売されたお薬で、新薬の情報を元に製造することから、本来一から薬を開発するのに必要なコストを大幅に削減できるので、新薬よりも安く提供できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です