医薬品副作用被害救済制度

医薬品は正しく使用していたとしても、その人の体調や体質、薬の性質など様々な理由で副作用が発生してしまう場合があります。
適正な使用をしていたのにも関わらず、その薬の副作用によって入院などが必要になったというような健康被害が生じた時、医療費や年金などの給付を行なう制度が「医薬品副作用被害救済制度」です。

救済にはいくつか種類があり、それぞれどの程度の重篤な健康被害であったかによって変わってきます。
例えば入院が必要になった場合には医療費などが、日常生活が著しく制限されるほどの健康被害が出た場合には障害年金などが、そして死亡してしまった場合にも遺族年金などの給付が行なわれます。

給付を請求するときは本人、または遺族が医薬品医療機器総合機構に対して請求を行ないますが、給付の種類によって請求期限が異なるため、事前に確認しておいてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です