薬やサプリメントの効果を上げる服用方法

薬やサプリメントはただ単に水で飲めばちゃんとした効果が得られる訳ではなく、飲み方によってはあまり効果が出ずに損してしまうこともあり得ます。
しかし逆に正しい飲み方をすればちゃんとした薬・サプリメントの効果を得られるだけでなく、より良く身体に効いていかせることができます。

薬を飲む時には水と一緒に飲みますが、その水はどの程度の量を飲んでいますか?
コップ一杯の水を用意したとして、たったの一口、二口程度、つまり薬を飲み込むのに必要な量しか飲まないという方が多くいらっしゃいます。
しかし、これだと薬の効果が弱くなってしまうだけでなく、身体の一部を傷付けてしまう可能性もあるのです。

薬と一緒に飲む水の量が少ないと、薬が知らぬうちに喉に貼付いてしまい、貼付いてしまった所が炎症を起こしてしまうこともあります。
さらに、薬の成分をしっかり吸収させる為に必要なのも水なので、薬を飲む時には水の量にも気をつける必要があります。

ではどの程度の水の量が必要なのかというと、大体200mlが適正とされているようです。
市販薬の説明書を読むと良く書かれているのですが、これはコップ一杯分程度の水になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です