ジェネリック医薬品とは

ここ最近、よく、ジェネリック医薬品という言葉を耳にするようになったのですが、ジェネリック医薬品の仕組みが分からず過ごしてきました。仕組みを知る必要ありますよね。

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことで、特許の切れた新薬をベースに作られるそうです。そのため、先発医薬品(新薬)より、研究期間やコストが抑えられるそうですよ。
厳しい試験にもクリアして、厚生労働省によって承認されたお薬なのだそうです。

先発医薬品と効き目が同等で安全安心で、尚かつ、後発医薬品の方が家計に優しいそうです。病院や薬局に相談してみたほうがいいでしょう。相談したら、病院の方も受け入れてくれることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です