薬を服用する時に注意するべき事とは?

薬を服用する時には、水やぬるま湯を飲むのが一般的ですが、どんな事に注意すれば良いのでしょうか?

薬は胃で溶かされますが、水を一緒に飲んでいないと食道で薬が詰まってしまい食道炎などを引き起こす可能性も考えられますし、水がないと薬が溶けにくいので、そのまま排泄されてしまうので、水と一緒に薬を飲むようにしましょう。

水以外に、お茶や牛乳など他の飲み物と一緒に飲んでいる人もいるかもしれませんが、牛乳のカルシウムが薬と反応してしまい効果が薄れてしまうのでNGですし、お茶のタンニンと薬の鉄分が反応して薬本来の効果が得られないのです。

薬を服用する時に、手元に水がないから水なしで飲んだり、他の飲料と一緒に服用してしまうのではなく、きちんと水やぬるま湯と一緒に飲むようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です